崎本とし子blog » 故郷は伊方原発の隣町

故郷は伊方原発の隣町

11年04月1日 | とし子からの手紙

私の故郷は愛媛。佐田岬の根元の町、長浜町だ。(今は大洲市)

隣に四国電力の伊方原発がある。今回の原発事故で私は震え上がった。とても他人事とは思えない。同じように「安全神話」で推進されてきた・・と聞く。(私が故郷を離れてからのこと)

今、「安全神話」を乗り越えて、安全点検や安全対策の強化・・いやエネルギー政策の転換を本気で行って欲しい・・・と切実に思う。

原発政策をやめて、自然エネルギーへの転換を政府に求めたい!

私にとってこのことは、故郷を守ると共に、こどもたちや孫たちへの大人としての責任だと思っている。